金利がお得なだけの住宅ローンはダメ!

住宅ローンを選ぶのに金利がすべてという方も少なくありません。しかし、マイホームは一生でもっとも大きな買い物のひとつなので、金利以外にも色々な視点から住宅ローンを選ぶことがオススメです。当サイトでは住宅ローンの金利について主に特集していますが、それ以外の情報もチェックしてみてくださいね♪

住宅ローン診断なら家計の見直し相談センター

家計の見直し相談センターでは、家計の無駄を探して、保険のことやローンのことなど、家計のみなおせる点などについて色々とアドバイスをしてくれます。

家計で見直しができる点とは色々とありますが、例えば住宅ローンや資産運用、生命保険についてなど、家庭によってそれぞれ違うと思います。

手軽に相談することができる、家計の見直し相談センターは、予約をすれば相談に乗ってくれます。面談形式での相談なので、顔が見える相手に相談をすることができるので安心です。平日が忙しい人でも対応可能な、土日祝日の相談も受けているのがうれしいですね。

予約をする際に、必要事項を伝えます。そして質問書が送られてきますので、質問書を返送することになります。

そして補足資料として、保険の悩みの場合には保険証券を、住宅ローンの悩みの場合には、住宅ローン返済明細書などを用意しておいてください。

これらの質問書や補足資料を元にして、分析資料を専門のスタッフが作ってくれます。家計を少しでも見直したいと思っている人は、家計の状況を元にして、プロの専門家が分析資料を作って相談当日にアドバイスとともに見せてくれます。

家計ドックの場合には3時間、生命保険診断の場合には2〜3時間、住宅ローン診断なら1〜2時間、資産運用診断の場合は1〜2時間となっています。

家計の見直し相談センターへ相談後は、見直しを実行に移すために弁護士や税理士、司法書士などの専門家を紹介してくれますし、その後のアフターフォローなども定期的に行ってくれます。

住宅ローンを選ぶという場合には、自分に合った住宅ローン選びが必要ですが、どうすればいいのでしょうか。住宅ローンとは、数10,000,000円単位での借入になりますので、かなり大きなローンです。

一生に一度のローンといってもいいですから、どのローンを選べばいいのか迷う人も多いと思います。住宅ローンの種類が少なければ選びやすかったかも知れませんが、住宅ローンの種類が今はとても多いということもあり、どれを選べばいいのかわからないことも多いでしょう。

住宅ローンを選ぶ際に自分に合ったローンを選ぶなら、とにかく自分の中でこれといった住宅ローンに対する必要条件を考えましょう。

総支払額を出来るだけ抑えた形の住宅ローンがいいとか、毎月の返済負担は軽い方がいい、頭金0でも借りられるなど、人それぞれ自分の中での住宅ローンの必要条件というのは違っていると思います。

そしてその次に住宅ローンの金利についても考えていきます。自分の家は、どの金利のタイプで住宅ローンを借入るのかなども考えていきましょう。

そして住宅ローン比較サイトなどを利用して、条件を入力した上で、比較すればとても簡単に自分にぴったりの住宅ローンを見つけることが出来るでしょう。

自分に合った選び方のポイントとしては、まずは自分の中で必要条件を考えること、そして金利のタイプを決めて比較することがポイントとなってきます。

少し面倒な作業ではありますが、しっかり比較してぴったりの住宅ローンを選びましょう。

住宅ローンを組む前に、一度は試していただきたいのがシュミレーションです。住宅ローンシュミレーションは今はどこの金融機関でも試せるようになっているので、利用してみるといいでしょう。

借入る金額や、住宅ローンの金利、住宅ローンの借入期間といった必要事項を入力することで、毎月の住宅ローンの返済額、そして総返済総額なども計算することができます。

住宅ローンで家を購入する、35年のローンを組むとは言っても、実際にはどれくらいの住宅ローンの返済総額になるのかわからないまま、組んでいる人も多いですし、変動金利などで住宅ローンを組んでいて、5年に1度のローンの見直しの際に、月々の返済額がアップしてしまって困ったとい人も多いといわれています。

途中で住宅ローンの返済に困り返済ができなくなるようなことがないようにするためにも、住宅ローンシュミレーションを利用して、あらかじめ借入総額、毎月の返済総額について計算しておくと安心です。

また新規で借入る人だけに限らず、住宅ローンの借り換えを考えている人にとっても、住宅ローンシュミレーションで、今後の住宅ローンの返済額などを計算するということは、とても借り換えの計画を立てるさいに役立ちますからお勧めです。

住宅ローンシュミレーションは、各金融機関の公式サイトからだけでなく、住宅ローン比較サイトなどでも、計算可能になっているので、まずは試しに計算してみましょう。

シミュレーションをしよう!

住宅ローンを組む前に、一度は試していただきたいのがシュミレーションです。住宅ローンシュミレーションは今はどこの金融機関でも試せるようになっているので、利用してみるといいでしょう。

借入る金額や、住宅ローンの金利、住宅ローンの借入期間といった必要事項を入力することで、毎月の住宅ローンの返済額、そして総返済総額なども計算することができます。

住宅ローンで家を購入する、35年のローンを組むとは言っても、実際にはどれくらいの住宅ローンの返済総額になるのかわからないまま、組んでいる人も多いですし、変動金利などで住宅ローンを組んでいて、5年に1度のローンの見直しの際に、月々の返済額がアップしてしまって困ったとい人も多いといわれています。

途中で住宅ローンの返済に困り返済ができなくなるようなことがないようにするためにも、住宅ローンシュミレーションを利用して、あらかじめ借入総額、毎月の返済総額について計算しておくと安心です。

また新規で借入る人だけに限らず、住宅ローンの借り換えを考えている人にとっても、住宅ローンシュミレーションで、今後の住宅ローンの返済額などを計算するということは、とても借り換えの計画を立てるさいに役立ちますからお勧めです。

住宅ローンシュミレーションは、各金融機関の公式サイトからだけでなく、住宅ローン比較サイトなどでも、計算可能になっているので、まずは試しに計算してみましょう。

色々な面からローン各社を比較

住宅ローンの比較は必ず必要ですし、とても大切なことです。しかし家を買うときは色々な物件を見て比較して、とても慎重に選んでいる人も、意外と住宅ローンの比較については甘いという人が多いのが現状です。住宅ローンを組む際に比較をしたという人は、とても少ないのです。

なぜ家を決めるときはとても詳しく比較して何度も足を運んで慎重に決めた人が、住宅ローンは比較もせずに決めてしまうのでしょうか。

住宅ローンの比較というのは、意外にも機会を逃したまま、住宅ローンを決めてしまうパターンが多いのです。例えば家を購入する際に、紹介してもらった不動産会社と、提携している金融機関を紹介してもらったので、そのままその住宅ローンを組むことになったために比較しなかったという人も多いです。

住宅販売メーカーが紹介した住宅ローンは、審査も通りやすいということから、あまり住宅ローンの内容を気にせずに、審査に通るという言葉だけに反応して、ローンを組んだという人はとても多いのです。

住宅ローンを比較せずに、組んでしまった場合には、もしかすると、もっと金利の低い住宅ローンが組めたかもしれませんし、将来的に、Aという金融機関で組んでいれば、総支払額が4000万円で済んでいたのに、Bで住宅ローンを借入たために、35年後、総支払額は4500万円だったというケースもあり、きちんと比較しなかったために500万円損したというケースはよくあることなのです。

ですから、住宅ローンの比較は必ず行った上で選ぶようにしましょう。

いざ決断の時

"只今、不動産の購入を検討しています。
以前から気になっていた5丁目の高台に建つマンションで、
先日、売りに出された一室を内覧するとやはり「ここだ。」と思える物件でした。
現在の居住人(売り主)の趣味がよく、レンガ貼りの内装や設備がほぼそのまま使えて、都会とは思えない南に広がる前庭の景色。

先きの地震では、大きな問題はなかったようですが、
気がかりなのは、築年数の古さゆえの耐震面です。

建て替えの話も出ているようなのですが、この古さが魅力がという所有者が多く建て替えの時期は決まっていないようです。

心配事より、このままでここに住みたいと感じる要素が多いマンションでした。

いざ決断の時、明日もう一度内覧をお願いしたいと思ってます。"